住宅ローンの利息金額を大きく左右する金利。金利が低く抑えられた今こそ買い時です。

※表示の融資条件は、平成28年4月1日現在のものです。金融情勢の変化、金融機関、保証会社により融資条件・金利等は変更される場合がございます。融資を受ける際は、所定の審査が必要となります。

もし賃貸物件で一生暮らす場合、定年後も家賃を支払い続けることになり、その間の家賃は掛け捨てとなってしまいます。一方、分譲では支払い終わった後の住まいは自分の資産となります。

父母や祖父母から住宅購入資金として、資金援助をお願いするなら今がチャンス。
子や孫に資金を贈与する場合、贈与税が一定額まで非課税となるのです。

※住宅性能評価の断熱等性能等級において最上級である「等級4」を取得予定。断熱等性能等級は「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の住宅性能表示制度の10分野の一つである温熱環境の評価項目です。温熱環境については、断熱等性能等級1から等級4まであり、等級4が最高ランクです。

親世帯と子世帯が、行き来しやすい距離に、それぞれの住まいを持つライフスタイルが「近居」です。お互いの生活やプライバシーを大切にしながら、必要な時にはすぐに助け合うことができる。「近居」とは、そんな安心・快適な暮らし方なのです。

同居のようにいつも一緒にいるのではなく、“思いやりのある距離”で暮らせること。それは、親世帯と子世帯に“ちょうどいい距離感”をもたらし、遠慮や退屈さを感じることも少なくなります。

マンション購入の大きなサポートとなるのが「住宅ローン控除」です。住宅ローンを借りて住宅を購入する場合に毎年の住宅ローンの残高の1%が10年間所得税から控除されます。平成26年4月の消費税の増税に合わせて、最大控除額がこれまでの2倍の400万円(10年合計)に引き上げられました。

< 住宅ローン控除とは・・・ >

  • 毎年の住宅ローンの残高※(限度額あり)の1%を10年間、所得税から控除されます。
  • 所得税で控除しきれない分は住民税からも一部控除されます。
  • 消費税率の引き上げに合わせて拡充されました。

※住宅の取得の対価の額が住宅ローン等の年末残高の合計額よりも少ない時は、その取得の対価の額

※1 平成26年4月以降でも経過措置により5%の消費税率が適用される場合や消費税が非課税とされている中古住宅の個人間売買などは平成26年3月までの措置を適用。

※2 長期優良住宅、低炭素住宅の場合はそれぞれ300万円(〜平成26年3月)、500万円(平成26年4月〜平成31年6月)。

※詳しくは、国土交通省または国税庁のホームページをご覧ください。

平成26年4月の消費税率アップに伴い、住宅取得者の負担を緩和するために新たに導入された制度です。

より詳しい内容については、下記サイトをご覧ください。

http://sumai-kyufu.jp/

住宅ローンの利息金額を大きく左右する金利。金利が低く抑えられた今こそ買い時です。

※表示の融資条件は、平成28年4月1日現在のものです。金融情勢の変化、金融機関、保証会社により融資条件・金利等は変更される場合がございます。融資を受ける際は、所定の審査が必要となります。

もし賃貸物件で一生暮らす場合、定年後も家賃を支払い続けることになり、その間の家賃は掛け捨てとなってしまいます。一方、分譲では支払い終わった後の住まいは自分の資産となります。

お問い合わせ・資料請求は「セントラル ゲート レジデンス」準備室 0120-255-182 営業時間/10:00~18:00 定休日/水曜日(祝日除く)
来場予約 来場予約